鷺宮地区 町会・自治会長会議を開催しました!

本日の午前中は、鷺宮地区 町会・自治会連合会の町会・自治会長会議を開催しました。

鷺宮地域は町会・自治会が15もある大所帯、いつもみなさん活発な意見交換・情報交換を行っています!

10月には鷺宮地区合同避難所運営会議が行われる予定で、本日の会議でも、避難所運営や水害(ハザードマップ)に関連したご意見等が多く交わされました。新型コロナウイルスの影響もあり、避難所運営も内容を見直す必要があり、避難所運営管理マニュアルに沿って素早く動かないといけない大変さ、また現場で実際に適正に運営しなければならない責任感から、いろいろな意見が交わされます。東日本大震災での経験があることで、より具体的な質問や要望などが飛び交います。その他、学校再編の問題、電話でカード情報などを騙し取る特殊詐欺被害への対応のお話など、内容は盛りだくさんでした!

上の写真の中央でマイクを握っていらっしゃるのが、鷺宮地区町会連合会・会長の大野さん(鷺宮6丁目南部町会・会長)です!

いつも本当にたくさんの時間を地域のために使ってくださり、ありがとうございます!これからも、町会・自治会のリーダーのみなさんと一緒に、この地域がより良いものとなるように、どうぞよろしくお願いいたします!

第3回広報部会を開催しました!

本日の午前中には、第3回広報部会を開催し、10月10日にみなさんへお届け予定の鷺宮地域ニュース362号の紙面確認や363号(1月発行予定)、364号(3月発行予定)の編集会議、臨時号の検討などを話し合いました。

現役子育て世代の各校PTAの方と、町会よりご参加いただいている孫世代の方と意見を交わすことで、お互いの持っている情報の違いがとても新鮮に感じ、新しい発見となっているのを感じました。こうして意見を交わすことで、広くより良い地域ニュースができるのではないかと思います。

10月10日発行予定の鷺宮地域ニュースは、特集として「鷺宮地域の小中学校~現在とこれから~」と題し、学校の話題を中心にお届けする予定です。

みなさんのお手元に届くのを、ぜひ楽しみにしていてください!

さぎカラげんき体操 第2回目です!

本日9月9日金曜日、さぎカラげんき体操の第2回目を開催しました。

新しく4人の参加者を迎え、合計11名で、楽しく元気体操を行うことができました!これからも皆さんの健康のお役に立つよう、新型コロナウイルス感染防止対策をしっかり行い、開催していきます!

本日のインストラクターは田畑さん(写真右側)と山越さん(写真左側)です!

まだ、少しだけ参加できる枠がありますので、参加ご希望の方は鷺宮区民活動センター運営委員会までご連絡ください!

さぎカラげんき体操 今日からスタートです!

本日からさぎカラげんき体操がスタートしました!

お申込みいただいた7名全員ご参加いただき、これから12回、元気に楽しく参加していただきたいと思います!

会場の鷺宮区民活動センター分室に到着しましたら、検温そして血圧を測り、健康チェック。外が暑いので、来てすぐに血圧を測ると少し高くなっていたりしますので、ゆっくり、時間にも余裕をもってご参加ください!

まずは、みんなで歌を歌いました!「涙そうそう」をみんなで合唱。ゆったりした気持ちで心も落ち着きます。

その後、ストレッチから始まります。新型コロナウイルスの影響で歌は少し控えめになってしまいますが、歌いながらストレッチを十分行い、体をあたためます。

次は、脳トレ体操。右と左で違う動きを行う体操が、簡単そうで意外と難しいんです!失敗しても「わははっ!」と笑い飛ばすのが大切と先生が教えてくれました!

換気・休憩をはさんで、少し長めの体操。今日の一番メインですね!

終わりは、クールダウン体操。さすったり、もんだりと大切な体をやさしくいたわります。

本日ご指導いただいた今井先生。はきはきとした声で、素晴らしい歌声と共に元気をみなさんに届けてくれます!今後もよろしくお願いいたします!

解散時には、もう一度血圧を測り、帰宅。

みなさんに今日の感想を聞いてみたところ「とても楽しかったです!」とうれしい声を聞くことができました!

現在参加者7名と、まだ参加できる枠がありますので、歌って体も脳も動かせる「さぎカラげんき体操」にぜひご参加ください!

ご希望の方は、鷺宮区民活動センター運営委員会(03-3330-4127)までご連絡ください!

 

鷺宮区民活動センター運営員会・事務連絡会を行いました

本日は、鷺宮区民活動センター運営委員会・事務連絡会(役員会)を行いました。

これは、各部の報告会を含んでいて、今後の方針などの道筋を立てていく、大切な会のひとつです。

大野委員長のご挨拶から始まり、広報部では次号362号の内容説明が中心に、事業部会ではフォトコンテストの進行状況からどうやって盛り上げていくのかなど意見交換をしました。これを各部の委員長さんが持ち帰り、それぞれの部会で詰めていきます!

今後の鷺宮区民活動センター運営員会に期待してください!地域のみなさんに喜んでいただけるよう、頑張っていきたいと思います!

赤十字奉仕団鷺宮分団 ビニールエプロンを病院へ寄付

日赤エプロン1

2020年8月19日、朝から暑い中、7名のボランティアさんが鷺宮区民活動センターに集まり、中野区赤十字奉仕団から大森赤十字病院へ寄付するビニールエプロンの作成を行いました。

日赤エプロン2

この日集まったのは、中野区赤十字奉仕団鷺宮分団の役員さん有志。大きなごみ袋をハサミで切って、使い捨ての簡易エプロンを作りました。

日赤エプロン4

別の日にも、町会・自治会、青少年育成鷺宮地区委員会などの有志の方々にも協力していただき、2回で合計140枚のエプロンを完成させることができました。

日赤エプロン3

日赤エプロン着用方法
参考資料:青年学生赤十字奉仕団協議会