日赤鷺宮分団「在宅避難を考える!」講習会

2022年1月25日、中野区赤十字奉仕団鷺宮分団の分団員を対象とした講習会「在宅避難を考える!」が開催されました。
新型コロナ感染拡大防止のため、分団員全員では集まらず4つの班を2班ずつに分け、2日間に分散しての開催となりました。

第1回目のこの日、集まった分団員は今まで2年近く活動ができなかったので、久々の再会の喜びはひとしおでした。

日赤在宅避難1

講習は中根副分団長の司会のもと始まり、加藤分団長よりあいさつに続けて講習のお話です。

日赤在宅避難2

災害時、自宅が倒壊の危機を免れ、なおかつ安全が確保できる場合には、慣れない避難所へ行くよりも自宅の方が安心して過ごすことができます。
そのために日ごろからどのような備えをしておけばよいのか、それらをどのように活用するのかを、実際に備蓄品のサンプルを見ながら学びます。

ライフラインが立たれた時一番重要なトイレは、事前にどうやって使うのか家で練習してみましょう、と「非常用トイレキット(ビニール袋と凝固剤)」が配布されました。

日赤在宅避難3

また、飲料ペットボトル、紙コップ、LEDミニ電灯を使った「ペットボトルランタン」も、実際に各自で作成してみました。

日赤在宅避難4

備えあれば憂いなし、そして、「何より大事なのは、非常事態が起きてもお互いに思いやりの気持ちを忘れないこと。人と人との助け合いで協力して乗り切っていきましょう」という、赤十字奉仕団の活動を象徴する、分団長からのやさしく力強いメッセージを、参加者の皆さんは改めて胸に刻みました。

 

西中野小学校避難所運営訓練が開催されました!

1月16日(日)西中野小学校避難所運営会議・訓練が開催されました。

白鷺町会、白鷺三丁目町会、西中野小PTA、日赤・鷺宮分団、西中野小学校、中野区と各団体が集まり、新型コロナウイルスにも対応した避難所運営の在り方を、中野区の指導の下、学び、マニュアルの確認などを行いました。

訓練の後半では、5つある各部署に分かれて、そのぞれの役割や西中野小学校に配置してある物資や機器材などの確認、その使用方法、実際に災害が起こった時にはどのように避難所を立ち上げて連絡などしていくのかなど、メンバーのみなさんと共有しました。

「震度5強以上の時はみなさんはこの西中野小学校避難所を立ち上げるようになっています。」と中野区災害対策 鷺宮地域本部 田中本部長がご挨拶の中でご紹介していました。

また、ちょうど津波の警戒注警報が発令中とのことで、いつ起こるかわからない災害の備えを、普段から行っておくことの大切さを実感することが出来ました。

またそれぞれの団体の方との交流も、ここ近年は新型コロナウイルスの感染防止対策のためになかなか出来ていませんので、そういう意味でも有意義な時間を過ごせたことがとても良かったです。

みなさんも、普段から災害の備えを意識してみてください!

青パト 今日も鷺宮地域を巡回中!

青パト(鷺宮四丁目町会)

新型コロナウイルス感染症で様々な地域活動の縮小を余儀なくされている中ではありますが、町会はコロナ対策を講じた上ですこしづつ活動を再開しています。

青パト(青色回転灯パトロール車)による地域の巡回もそのうちの一つです。
一時自粛していたパトロールですが現在は再開し、野方警察署と地域の町会が連携、鷺宮地域では4町会(鷺宮三丁目町会、鷺宮四丁目町会、鷺宮六丁目町会、北鷺町会)が順番に、月10日ほど巡回を行っています。

巡回中は振り込め詐欺防止などを呼び掛けるメッセージを流しながら、地域の安全を確認して回っています。
町会ボランティアの皆さんによる、安心安全なまちづくりの活動です。

青パト(鷺宮四三丁目町会)
青パト(鷺宮三丁目町会)